ピュアなおっさん。

アゴ師匠がブログでピュアピュア言ってて笑った。
さては鋼鉄チャット来てたな!?(そんなわけねー)
師匠も弟子のブログ同様顔文字が多いね(笑)

さてついに最終回の感想となってしまいました大泣き
オープニングでピアノが流れ、ラブいアゴ師弟の絵が映し出される度にいつもときめいてた!
そしてエンディングも本編の余韻を味わう(補う 笑?)に十二分な出来だった!
詩もメロも美しく、なんと言ってもまもの歌唱力がものを言ったと思う。
アニソンの出来は本編の評価を3割り増しにはするんじゃないだろうか。


鋼鉄三国志 25話最終回

孔明は只の厨房なのか? その辺が明らかになるであろう最終回。
生き返った六駿が隕石に反撃! ・・・いやいや、隕石には勝たれへんやろ(笑)
最終回なのにブサイク気味な孔明、煌星するのかな?しないのかな?
どうやら生身のままなようですが、ヘイ同様つおいです。牛若丸のような身軽さ&陸遜をふっとばすとかどんだけー!(笑)
そんな孔明に 「もう我が師じゃない!」 と言いつつ 「どうしたらいいのですか?!教えてください!」 とか教えを乞っている陸遜はどこまで行っても独り立ちできない子だよ(笑)
ん?陸遜の子供時代からの出来事全て孔明が計画的に仕組んだの?
灰色どころか超ブラックやん!
そして容姿もみるみるうちにブラック孔明に変貌してゆきます! ほえ~~~!これは予想できなかった~!
えええ!? りっくんもフェニックスになってメテオに特攻??!!
人って宇宙へ飛んでいけるんだっけ?(笑)・・・お前はミュウか!

どうやらアゴ師弟は二人で一つだったようです。いやーんステキトールローズ
‘君は光、僕は影 離れられない二人の絆’ 的な?!
孔明の、見なくていいものが見えてしまう辛さはよく解るなぁ。
玉璽からすれば 知力=闇 純真=光 という選考基準だったのかな。
鋼鉄は、聡明さ(孔明)→腹に一物的なクセのある美しさ、純真さ(劉備、陸遜)→アホ可愛さ で表現したところが独特だったね(笑)

というか孔明が、真っ黒からもう一回真っ白に変わるという更なるどんでん返しは想定外でした。さすがは鋼鉄!
そもそも鋼鉄を真剣に予想したことなんてなかったけどな!
だって予想を裏切られる快感を味わうために見てるようなもんだから!(笑)

光のパワーに負けたからかなんでか知らんが徐々に実体が希薄になる孔明。
光と影で玉璽を成すのなら消えちゃいけないんじゃないのん??
と、ここでなんと 「あなたと離れる位なら」 とか言ってりっくんが玉璽と心中しましたよ!
なんたる愛!
これもきっと孔明の予定にはなかった展開なんだろうな。 視聴者の予定にもなかったと思うけど(笑)
孔明達の驚きと悲しみの表情とは対照的に、死に行く陸遜の顔は愛を成就した幸せに包まれていた・・・涙
あどけない笑顔は、なんか孔明に抱かれて幼児返りしたみたいだったなぁ。

りっくんの残した言葉ですが、孔明は桃じゃなくって芍薬じゃなかったっけ??
「生まれ変わってもまた、桃の花でありたい」 ん?今度は自分が桃の花?
まぁ、久遠でも 『離れてもいつかはまだ見ぬ場所で』 って歌ってたし、要は生まれ変わっても再び貴方を愛したいという意味だと解釈しておくことにする(笑)
わー素敵な絆だ!
そんな我が師激愛に終始したりっくんと比べ、意外にも孔明側は、弟子への愛を含めての壮大な人類愛がテーマでしたね。
わー偉大な人だ!
だが残された孔明様は何処へ行くのか・・・
なんか辛いラストだなぁ・・・。
孔明が死ぬか、師弟で心中っていうのは想像してたけど、まさかりっくんが皆をおいてきぼりにするとは! 最後まで鋼鉄には驚かされる!

前に、なんやかんやいいつつも最終的には二人の愛の物語だったらすげえな、とか書いた気がしますが本当にそんな感じでしたね(笑)
ダーカー同様この最終回も泣きはしなかったけれど、六駿は生き返らず孔明が一人ぼっちで取り残されたほうが悲壮感が出て泣けたかもしれませんね。
でも悲壮感はいやだから生き返ったほうがいいかな。
それに瑾兄はセリフ多かったから必要だね(笑)

ハッ! 今気が付いたけど孔明党的には趙雲の一人勝ちでは?! 
今後はあれか!二人で旅か!孔明様独り占めか! 
おいしいなぁ趙雲。君だけ辛い目に遭ってないし、やりたいようにやってたし。
でもそんなことしたら魯粛と陸遜が化けて出てきそうだね(笑) 瑾兄も生きてるし!
六駿は全員未亡人になってしまいましたね。
孔明党だけじゃなくって鋼鉄全体で考えても趙雲一人勝ちかも(笑)

・・・で、魏は?(笑)


さて心残りは劉備タンのキャラソン!
とんちんかんでオッパッピーな歌をかわいく歌うのを聞きたかった~絵文字名を入力してください
孔明のお色気ソングも聞きたかったぁ。と思ったら次回CDに収録とな!やっとアゴ師匠も参加かぁ。良かった良かった。


最後に全く違うタイプのお話だったDTBとの共通点をちょこっと。

・主人公がパキっとしない。優男。
・宇宙とか星とかを物語に絡ませてスケール感を醸し出そうとしたが、なんかよくわからないまま終わった。
・登場人物ジェノサイド
・主人公を愛する黒幕キャラが、熟考し計画をたてて行動した結果、主人公にはあまり伝わらず、自らは悲しい結末を迎えてしまった。
・脇キャラがみんないい感じ。
・タラしエピソードが話に彩を添えた(笑)


なにはともあれ、ありがとう鋼鉄!楽しかった!
まだまだ名残は尽きないので、次回はキャラ別の感想などを書きたいと思います。羅琉 ニヤリ

Comment

終わりましたね
楼座さん、ずっと楽しい鋼鉄の感想をありがとうございました。
アゴ師匠って・・・・爆笑ですわ。
最後まで何が三国志だったのかという事にはあまり目を向けちゃいかんのですね。
凍っただけだったから生き返ったんですかね?
太史慈はぐっちゃりと落ちちゃったから蘇生は難しかったんだろうか・・・・
やっぱり陸っくんと孔明ならば、孔明が死ななきゃならんかったと思います。
何の理由であれ、それだけの事はやっちゃったんだから
孔明を生かすのは苦しみ続けさせる事だろうけど
あれ?玉璽が残ればまた繰り返すからやはり玉璽を
始末しなきゃいけないんですよね?
ま、いいや~ ラブラブってことだ(笑)
↓曹操が、曹操が、曹操がー!!
この方を美しいと表現できた瑾ちゃんは、仕事だとはいえご苦労であった。

ダーカーは最終回で、よけいにワケワカランようになったとです。
  • 2007/10/12 20:40
  • シッポ
  • URL
  • Edit
終わりました~;;
こんばんは~!楽しんで頂けたなら嬉しいですv
三国志・・・私は鋼鉄を見だしてすぐに
「そんなの関係ねえ~!」 これはネタアニメ!的な境地に達していたのでそこに関しては問題ナッシングです。
変なとこがあったからツッコめた!面白かった!と思うことにするのだ。
はっちゃけて楽しんだもん勝ちッス(笑)
太史慈は木にひっかかってるんですって!あの後みんなで助けに行くんですよ!(笑)
孔明はどうなることやら・・・
曹操・・・たぶん美しいんですよ!画面では伝わりにくいだけなんですよ! ・・・ってなんであたし必死なん?(笑)
いや~K○EIの三国志で曹操ばっか使ってたから思い入れが・・・(笑)
コメントありがとうございましたぁ~(^-^)



  • 2007/10/14 01:01
  • 楼座
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。